スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫畫と科學(漫画と科学) 寺田寅彦(吉村冬彦)

漫畫と科學:吉村冬彦 著 (寺田寅彦)
初出:電気と文芸:大正10年3月
底本:岩波書店:大正12年:国立国会図書館:冬彦集:漫畫と科學

できるだけ原文に忠実になるように、旧仮名遣いはそのままに、漢字は変換できるものはできるだけ旧字体を用いました。
新字体、現代仮名遣いのものは、青空文庫にあります。漫画と科学
ただ、現代仮名遣いにする過程での校正ミスか? 青空文庫での入力ミスか? 「痴愚をさしつけ(ら)れる。」が「(れ)れる。」となっていました。




     漫畫と科學

 漫畫とは何かといふ問に對して明確なる定義を下す事は困難であらう。又漫畫とそれ以外の繪畫との間に截然たる區劃線を引く事も容易ではない。漫畫家自身でも恐らく人によつて此れに關する所見を異にするに相違ない。今茲で私が折角苦心して定義をこしらへても、それは結局甲某の定義にしかなりさうもない。それで以下に漫畫として論ずるものも結局私の頭の中にある漫畫といふものゝ概念に過ぎないから、それがどれ丈け普遍的であるかは私自身には分らない。

 私の所謂漫畫の對象材料となるものは殆んど凡て人間或は人間化されたる非人間である。猿であらうが摺子木であらうが、それが純粹な猿や摺子木として取扱はれて居る間は漫畫の領域に這入り得ないやうに思はれる。次に其對象の見方及取扱の上に如何なる特徴があるかと考へて見ると、其對象の形態的乃至心理的の現象の中で或る特別な部分を抽象して其部分を誇大し或は擧揚して表示するといふのが一つの顯著な點である。例へば鼻の大きい人の鼻を普通の計測的の大きさの比以上に廓大して描いたり、喜怒の感情の發現を誇張した身振りで示すが如きは、最も月並な慣用手段である。もう少し進んだのになると、鼻や小鼻の曲線の或るデリケートな抑揚をつかまへて、此れを少しアクセンチュエートする事によつて效果を擧げ、或は手足の機微な位置によつて複雜な感情を暗示するものもある。猿が馬に乗つて居るにしても其姿勢なり態度なりが、乗馬者の或る特異な、しかし言葉では云ひ現はせない點を巧に現はす事によつて、漫畫としての價値がきまるやうに思ふ。

 以上のやうなものは、私の考へて居る漫畫の中で最も純粹なものである。さうして此種の漫畫によつて表現された人間の形態並に精神的の特徴は、一方に於て特異なものであると同時に他方では其の特徴を共有する一つの集團の普遍性を抽象して其の集團の「型」を設定する事になる。かういふ對象の取扱方は實に科學者が其の科學的對象を取扱ふのと著しく類似したものである。

 例へば物理學者があらゆる物體の複雜な運動を觀察して、此れを求心運動、等加速運動、正弦運動などに分解して其の内の一つを抽出し他を捨象する事によつて、其處に普遍的な方則を設定する。物理學教科書にある落體運動は日常生活に於て目擊するあらゆる物體の落下にその儘適用するものではない。空氣の抵抗や、風の横壓や、周圍の物體より起る不定な影響を除去した時に始めて嚴密に適用さるべきものである。そして此等の第二次的影響の微少なる限り近似的に適用するものである。それで此種の方則は具體的事象の中から抽象によつて取出された「眞」の宣言であつて、其れが眞なるにも不拘、實際に日常目擊する現象其物の表示ではない。

 優れた觀察力をもつた漫畫家が街路や電車の中で十人十色の世相を見る時には、複雜な箇體が分析されて、其中の或る型の普遍的要素が自ら見出される。そして其の要素だけを抽象し、其れを主として表現する爲に最も有效な手段を撰ぶのであらう。其の表現の方法は「術」であるかも知れないが、此の要素をつかみ出す方法は「學」の方法に近いものである。

 科學上の業績は單に分析にのみよつて得られるものと考へるのは、有りふれた、しかし大なる誤謬である。少くも優れた科學者が方則を發見したりする場合には直感の力を借りる事は甚だ多い。さういふ場合には論理的の證明や分析は寧ろ後から附加されるやうなものである。又一方に於て漫畫家の抽象は必しも直感のみによるとは考へられない。假令無意識にしろ、直感で得た暗示をたどつて確かな或物を把握する迄の道筋は確かに一種の分析である。それで此等の點に於ける兩者の精神作用の差異はあつても僅少なものである。

 漫畫の目的とする處は矢張一種の眞である。必しも直接な狹義の美ではない。唯それが眞である事によつて、其處に間接な廣義の美が現はれるやうに思ふ。科學の目的も唯「眞」である。そして科學者に取つてはそれが同時に「美」であり得る。

 漫畫が實物に似て居ないに拘らず眞の表現であるといふ事は、科學上の眞といふものに對する多數の人々の誤解をとく爲に適切な例であるやうに見える。漫畫が實物と似ない點に於て正に實物自身よりも實物に似るといふパラドクシカルな言明は其儘に科學上の知識に適用する事が出來る。

 唯科學は主として物質界の現象に關係して居る爲に、換言すれば人間の能知と切り離された所知者自身の間の交渉に關して居る爲に、科學上の方則は科學者の個性と切り離され、従つて其表現は單義的普遍的なものになつて居る。此れに反して漫畫家の對象は人間に關係したものである爲に此やうな分離が困難になり表現は十人十種になつて作者の個性の香が高くなるのは止むを得ない。しかしあらゆる可能な漫畫家を一團として見る時には、各畫家を微分とした無限項の和としての積分は渾然たる一つの定まつた極限値を有する「眞」の一面と考へるに不都合であるだらうか。

 科學上の眞を言明する爲に使用する言語や記號は純化され洗練されて、それ/゛\明確な意味をもつて居る。換言すれば有限な數の言語で説明し盡さるべき性質の概念である。漫畫家の言語たる線や點や色は此に反して多次的な無限の「連續(コンチニウム)」を形成するものである。それで漫畫家は言語では到底現はす事の出來ない觀念の表現をする爲の利器を持つて居る。其の利器の使ひ方の巧拙は其畫家の技能を評價する目標の一つになるが、それよりも重大な標準は、それによつて現はすべきものゝ、眞の種類や程度にある事は勿論である。科學者が其方則を述べる字句の巧拙や運算の器用不器用は必しも其の方則の價値と比例しないのと一般であらう。

 寧ろ餘りに惡達者な漫畫家の技巧が其の内客と反比例を示す場合も少なくないやうに見える。それは技巧が跳躍して科學的眞の圏外に逸出する爲である。

 かういふ意味で私は本當の漫畫と低級なポンチ或はくすぐり畫とを區別したい。後者の實例は場末の玩具屋の店頭で見られる安繪本のポンチなどがそれである。其處には尊い眞は失はれて残るものは虚偽と醜陋な惡趣味だけである。美しい子供の頭にかういふものゝ影を宿す事は一つの罪惡であらねばならぬ。

 私は滑稽といふ事が茲に所謂漫畫の本質的要件とは考へて居ない。もし私の考へて居る凡ての漫畫を滑稽であるとすれば、それは畢竟人間の眞その者が滑稽な分子を含んで居るといふ事になるだらうと思ふ。同時に滑稽といふものは極めて真面目な悲痛なものだといふ結論も生れるだらう。

 さうはいふものゝ私は例へばミレーの田園風俗畫とスタンランの漫畫との間に或る區別を感じない譯ではない。しかし其の二つの世界の限界を定めようとする時にドーミエーやゴヤやロートレークの或る作物をいづれの領分に配していゝかを決定するのに迷ふのである。唯極端と極端とを對照する時に、「美」に專らなものと、「眞」に忠なるが爲に狹義の美の境界線の内外に往還するものとの區別を認めて後者を特に一團として考へるに過ぎないのである。

 他の人間精神の所産物と比較して廣義の藝術的科學的乃至功利的の價値を考へて見たときに、特に漫畫を低級なものと考へるべき必然な根據を見出す事は困難である。劣惡な美術と優秀な漫畫を比較して見た時には困難を感じさせられる。其感じは恰度おめでたい新聞小説と恐しい罪惡を主題とした傑作とを讀み比べる時のそれとよく似たものである。

 私は鳥羽僧正の戲畫を見る時に、そこに描かれた動物の群から人間の痴愚をさしつけられる。北齋漫畫を見る時に封建時代の社會の不思議な心理を教へられる。ホガースやドーミエーからは享樂の影に潜む恐ろしさを味はされる。ハイリンヒ・クライの怪奇畫からは文明の背後に隠れた災厄の惡魔の呼吸を感じさせられる。バンベリーの「新兵」の繪を見て居れば可笑しいよりは泣き度くなる。ジャン・ヴェヴェーの「錢投げ」を見れば感情と姿勢の對譯を教へられる。そしてそれ等は單に見る人の智識となるばかりでなく、一つ/\の生きた體驗になるのである。もし聖賢の教が吾々の衣服の表になるものであれば、漫畫の作品は其裏地の一片にはなる、前者が健胃劑ならば後者は少くも下劑ぐらゐにはならない事はない。

 漫畫と稱すべきものゝ中で所謂時事漫畫と稱するものがある。新聞雜誌に出るのは主として此れである。此れは私の考へて居る漫畫としては稍純粹を缺くものである。時代と場所の限られたる範圍の興味が高唱されて居るだけに普遍性を損じ易い傾向がある。殊にそれが作者の或る特別な政治的社會的の意見を表明する手段として使用されて居る場合には其の客観的眞實性は著しく限定されて、寧ろ一つの標本としての價値に堕落し易いやうに思はれる。しかし其作者が優れた作者であれば自然に其處に時代や階級の特性が印象されて居ると同時に人間といふものに普遍な何物かゞ記録されない譯には行かないであらう。古來の漫畫の名家の作品は正に此を證明する。

 一般繪畫に對する漫畫の位置は、文學に對する落語、俳句に對する川柳のそれと似た處がないでもない。本質の上からは恐らく同じやうなものであり得ると思はれる。唯落語や川柳には低級な或は卑猥な分子が多いやうに思はれて居り、又實際さうであるのは、此等のものの作者が従來精神的素養の乏しい階級に屬して居た爲にさうなつたので、それは必しも必然な本質的な理由あつての事ではないといふ事は、殆んど自明的な事と思はれる。さうでなかつたらユーモアーといふものが美學の對象などになりやうはない。しかしそのやうな問題は此處に云ふべき範圍外である。唯落語や川柳にも前述の如き意味の科學的要素を中心として發展し得べき領域のある事を此の機會に注意して置きたいと思ふのである。




註:
甲某:甲レ某(ぼうこう)(なにがし)
不拘:不レ拘(かかわらず)

2013-08-19

theme : だぶるじぇい
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

服部

Author:服部
漫画やアニメについての考察です

Google Adsense



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ギャラリー
乱馬君 弥生拓斗さんの作品 2009.07.03
弥生拓斗さん 2009.07.03
2009.05.14 おとはさんの作品
おとはさん 2009.05.14
2009.05.02 栃木っ子さんの作品
栃木っ子さん 2009.05.02
響子さん 管理人さん 皇甫嵩さんの作品
皇甫嵩さん 2009.04.14
ラムちゃん 柚梨さんの作品
柚梨さん 2009.03.28 おとはさんの作品
おとはさん 2008.12.09 ごちEさんの作品 2008.11.17
ごちEさん2008.11.17

らむねさん 2008.11.08

ちか太さん 2008.10.29
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。