スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱腰VS柳腰

仙石官房長官が、12日の衆院予算委員会で、尖閣問題を巡る中国への対応について、

弱腰だとは思っていない。しなやかにしたたかに対応していく柳腰だ。


と述べたそうですね。

「漢語林 大修館書店」によると、柳腰(リュウヨウ)の意味は・・・・

1.柳の細くしなやかな枝。
2.細くしなやかな腰。やなぎごし。美人の形容。細腰。

とのことです。・・・まあ、仙石官房長官は、1.の「柳のように柔軟な対応をしている。」というような意味で用いたのでしょうね。(^^)

もしかするとこれは、イソップ童話の次のような話を念頭に置いていたのかもしれません。

樫と葦

樫と葦がどちらが強いか言い争いをしました。それで次の嵐の時に、その力比べをすることにしました。

嵐が吹き荒れると、葦は体を曲げて突風に身を任せていました。
しかし樫の木は、強い風に逆らったので、根っこからなぎ倒されてしまいました。

強大な力に逆らうよりも、しなやかに身を任せたほうがよいものです。



でも・・・・これとは全く逆の話もあるのですが・・・・それが、柳の話なんですよね。(^^)

樫と柳

ある日のこと、自惚れやの柳が力の強い樫の木と力比べをしようと虚勢を張った。次の嵐で雌雄を決しようと、両者は風の神に最大の力をふるってくれるようにとお願いした。この願いはすぐに聞き届けられ、激しい嵐が巻き起こった。

しなやかな柳の木は、突風に対して身を屈めて縮こまったので、全ての力をやり過ごすことができた。一方、力の強い樫の木は、譲歩するのを潔しとせずに、荒れ狂う風に負けまいと抗したために、根元からなぎ倒された。

これを見て柳は喜々として、勝利を宣言した。すると、倒れた樫の木がそれを遮った。

「はしゃいでいるお前、これが力比べなのか? 哀れな奴め! お前は力で勝ったのではない。弱さ故に勝ったのだ。お前は危険に挑もうとはせずに、卑劣にもそこから逃げたのだ。お前が今安泰なのはそのためだ。私は倒されたが、樫の木であることには代わりはない。そしてお前は、倒されはしなかったが、柳の木であることには代わりがないのだ。崇高な戦に於いて栄光ある死を賜るよりも、卑劣にも臆病な小手先の策を弄して助かろうとするような奴など、お前の他に誰がいる」


関連記事
スポンサーサイト

theme : 政治家
genre : 政治・経済

プロフィール

服部

Author:服部
漫画やアニメについての考察です

Google Adsense



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ギャラリー
乱馬君 弥生拓斗さんの作品 2009.07.03
弥生拓斗さん 2009.07.03
2009.05.14 おとはさんの作品
おとはさん 2009.05.14
2009.05.02 栃木っ子さんの作品
栃木っ子さん 2009.05.02
響子さん 管理人さん 皇甫嵩さんの作品
皇甫嵩さん 2009.04.14
ラムちゃん 柚梨さんの作品
柚梨さん 2009.03.28 おとはさんの作品
おとはさん 2008.12.09 ごちEさんの作品 2008.11.17
ごちEさん2008.11.17

らむねさん 2008.11.08

ちか太さん 2008.10.29
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。