スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱の大岡裂き

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第7話
http://www.youtube.com/watch?v=DnVGgx4LuEA

キョンは、ハルヒたちに引っ張られて、裂けてしまうんですが・・・・
これは、あかねとシャンプーに引っ張られる乱馬と同じですね。
ムースの解説によると、これは、大岡裂きと言うのでしたね。

らんま考 伝説の大技、大岡裂き!
スポンサーサイト

theme : 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱
genre : アニメ・コミック

涼宮ハルヒの憂鬱 vs パリの憂愁

今更ながらなんですが、「涼宮ハルヒの憂鬱」と、ボードレールの「パリの憂愁」って、似ていますよね。
題名も似ているんですが、それよりも、キョンのコザカシイ語り口と、ボードレールの語り口ってとても似ているように思えます。

僕の持っているのは、福永武彦訳なんですが、福永の訳の仕方がコザカシイのかどうかは知りませんけど。とにかくもったいぶった語り口なんですよね。(^^)

例えばこんな感じです。

・・・・・そこで私が、迷妄とか暗愚というか、何しろそれに近い精神状態にあったことは、驚くに当たらない。 
 私は自分の悟性の奥底の方に、たまたま近頃私が通読したあらゆる善女むき礼儀作法辞典の中のおきまり文句よりは、ちっとばかし優秀な観念が、ぼんやりと芽を出しかけて潜んでいる、とそんなことを、当時何となく感じていたように思われる。・・・・・

と、まあ、とにかくコザカシイ文体なんです。
「ちっとばかし」なんていう言い回しは、いかにもキョンが使いそうです。(^^)

でも、内容的には、アーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」と、フレドリック・ブラウンの「発狂した宇宙」と、筒井康隆の「時をかける少女」などのパロディになっているのかもしれませんけどね。


theme : 涼宮ハルヒの憂鬱関連
genre : アニメ・コミック

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 17話 18話 桜の下の死体 

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第17話
http://www.youtube.com/watch?v=Ei-FxEWfA_4

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第18話
http://www.youtube.com/watch?v=GJDZ50Gyiq4

ハルヒは、桜の花びらを見て次のような連想をします。

桜 → 花びら → 舞い散る → 血しぶき → 穴掘り → 埋める → 桜の木の下に

この連想は、梶井基次郎の「桜の樹の下には」という有名な小説から採られているのだと思います。

この他、日本の昔話にも、「庄屋の娘が病気になるが、それはミズキの花が、血を吸っていたからだった」というような話があります。

うる星やつら 映画4 ラム・ザ・フォーエバーでも、太郎桜の下に鬼姫が埋まっていたのでした。しかも準備稿の段階では、10体も埋まっていたとのことです。

坂口安吾の「桜の森の満開の下」という小説では、山賊が7人の女房を持っているのですが、とても美しい8人目の女房の命令で、山賊は6人の女房を殺して、一番醜い女房は下女にします。そして最後に、山賊は、満開の桜の中で錯乱して、美しい女房を鬼と思って殺してしまいます。

美しい女に魅了されてしまうというのは、今昔物語の「一角仙人、女人を負ひ、山より王城に来たる」を基にしているのだと思います。

リンク
雑話 さくら
うる星やつらの博物誌 ラム・ザ・フォーエバー

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱関連
genre : アニメ・コミック

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第19話

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第19話
http://www.youtube.com/watch?v=k4RF90YqzjA

谷口サンタがキョンのカボチャ頭姿を見て・・・・
「なんじゃコリャー」と叫ぶのは、「太陽にほえろ」ジーパン殉職の名ゼリフですね。

大野克夫 太陽にほえろ!(ジーパン殉職) 松田優作
http://www.youtube.com/watch?v=GxUXUZbPGJw

谷口サンタが、ワイヤーに縛られたところから、服を捨てて逃げるというのは、
まあ、「危機を脱するために身体の一部を犠牲にする」という話の類型と見ることもできます。
罠にかかった動物が、脚を引きちぎって罠から抜け出すというような話が一般的です。
詳しくは、らんま/考 サトリ VS 利根川

ハルヒが、谷口サンタに、「カムバーック」と叫ぶのは、
シェーンという映画ですかね。
詳しくは、らんま1/2 髪は長い友だち

そういえば、らき☆すた 22話のエンディングで、白石みのるが、
「磯野、磯野、なんだ中島、キュー」と叫ぶのは・・・
山本太郎からですね。

Lucky Star - ED 22 "Shiraishi's Popurri"
http://www.youtube.com/watch?v=j8vG58ffSWI

history of Q - メロリンQ
http://www.youtube.com/watch?v=ajpYJlwjR70

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱関連
genre : アニメ・コミック

涼宮ハルヒの憂鬱 4話



朝倉 「じゃあさ、例え話なんだけど、現状を維持するだけではジリ貧になるのはわかっているんだけど、どうすればいい方向に向かうのか分からないとき、あなたならどうする?」

キョン「なんだそりゃ? 日本経済の話か?」

朝倉「とりあえず、なんでもいいから、変えてみようと思うんじゃない? どうせ今のままでは何も変わらないんだし。」

キョン「まあ、そういうこともあるかもしれん。」


キョンは、朝倉さんの誘導尋問によって、自分が殺される理由をそれとは知らずに肯定させられているのですが・・・・
これは、昔話などによくある、

悪人は知らずに提案した罰を、自分が受けることになる。

という話の類型とみることが出来ます。

例えばこんなやりとりです。

王様「寝床から人をかつぎだして、川の中へ放り込むような者は、どんな罰を受ければよいだろうな?」

悪人「そんな悪人は、樽詰めにして、釘を打ち付けて、川の中に放り込むのがよいと思います」

王様「その悪人とはお前のことだ。さあ、自分で下した裁きを受けるがよい」

こうして悪人は、樽に詰められると、釘を打ち付けられて川に放り込まれました。


このようなレトリックは、旧約聖書に既に見られます。

旧約聖書サムエル記下12 1-7『ナタンの叱責』

主がナタンをダビデのところに遣わされたので、彼はダビデのところに来て言った。
「ある町にふたりの人がいました。ひとりは富んでいる人、ひとりは貧しい人でした。 富んでいる人には、非常に多くの羊と牛の群れがいますが、 貧しい人は、自分で買って来て育てた一頭の小さな雌の子羊のほかは、何も持っていませんでした。

子羊は彼とその子どもたちといっしょに暮らし、彼と同じ食物を食べ、同じ杯から飲み、彼のふところでやすみ、まるで彼の娘のようでした。

あるとき、富んでいる人のところにひとりの旅人が来ました。彼は自分のところに来た旅人のために自分の羊や牛の群れから取って調理するのを惜しみ、貧しい人の雌の子羊を取り上げて、自分のところに来た人のために調理しました。」

すると、ダビデは、その男に対して激しい怒りを燃やし、ナタンに言った。「主は生きておられる。そんなことをした男は死刑だ。

その男は、あわれみの心もなく、そんなことをしたのだから、その雌の子羊を四倍にして償わなければならない。」

ナタンはダビデに言った。「あなたがその男です。・・・・」

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱関連
genre : アニメ・コミック

プロフィール

服部

Author:服部
漫画やアニメについての考察です

Google Adsense



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ギャラリー
乱馬君 弥生拓斗さんの作品 2009.07.03
弥生拓斗さん 2009.07.03
2009.05.14 おとはさんの作品
おとはさん 2009.05.14
2009.05.02 栃木っ子さんの作品
栃木っ子さん 2009.05.02
響子さん 管理人さん 皇甫嵩さんの作品
皇甫嵩さん 2009.04.14
ラムちゃん 柚梨さんの作品
柚梨さん 2009.03.28 おとはさんの作品
おとはさん 2008.12.09 ごちEさんの作品 2008.11.17
ごちEさん2008.11.17

らむねさん 2008.11.08

ちか太さん 2008.10.29
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。